田舎の土地を売る

田舎の土地を売るには不動産屋選びで成功と失敗が決まります。田舎で売ってもらった経験をもとに不動産屋選びのコツを紹介してみました。


>> 無料・匿名で田舎の土地の価値を査定してくれます

田舎の土地を売る

田舎の土地を売る

田舎の土地を売るには都会で土地を売ることに比べると売却依頼する不動産屋の数が少ないので腕の良い不動産屋に依頼することが難しいものです。

 

間違ってもやってはいけないのは、田舎の土地に近い不動産屋という理由で選んだり、その地域でのCMなどで名前が有名だからという理由で選ぶことです。

 

実は、土地を売るには、その土地を気に入ってくれてるお客さんを抱えている不動産屋に頼む以外に、まともな売値で売ることは難しく、またそれと同時に、スムーズに数ヶ月程度で売ることも難しんです。

 

都会にある土地なら売り土地のエリアで物件を探している人も多いですが、田舎になると下手すれば1年どころか3年経っても売れないなんてことも珍しくないんです。

田舎にある土地を高値で早く売るためのコツ

田舎の土地を売るコツ

でも大丈夫です、田舎にある土地を高値で早く売るためのコツがあるのでご紹介しますね。

 

※私は大家業をしていて田舎で家土地を買い換えることも多く、土地を売ることにも慣れているんです。(宅建資格・FP資格も取得してます)

田舎の土地を売るコツを知っています

田舎の土地を売るコツはネットから利用ができる一括査定を利用するだけで十分です。

もともと一括査定は家を高く早く売るためのもので知られているものですが、土地だけを売る場合でも同様に欠かせないものなんです。

 

実際、私も今までに田舎で家や土地だけなどを売却する際に利用してきましたが、高く売ってくれる不動産屋がすごく早く見つかるんです。

>> 無料・匿名で田舎の土地の価値を査定してくれます

 

何度か一括査定を使わずに自分で複数の不動産屋を訪問して業者選びをしようとしましたが、その後に一括査定を利用してみたらより高値を提示してくれる不動産屋が出てくるんですよね。

一括査定を利用するには

一括査定を利用するには、あなたが持つ田舎の土地の広さや大体の住所をネット上で入力するだけで複数の不動産屋さんから査定をもらえるんです。

 

なお、複数の不動産屋さんから査定をもらえるということは、集まった査定を見比べるだけで最高値を付けてくれた業者がどこか?そしていくらか?が一目瞭然で分かります。

 

集まった査定の中で一番高額な売値をつけてくれた不動産屋さんに田舎の土地の売却を依頼すれば良いわけです。

 

つまり、あなたが持つ田舎の土地にどこよりも高額な売値をつけてくれるということは、そこの不動産屋さんが抱えているお客さんに「ちょうどその土地を欲しがってる人」がいる可能性が高いということが言えます。

田舎の土地を売るのに一括査定を利用するデメリットとメリット

田舎の土地を売るのに一括査定を利用するデメリットとメリットをそれぞれご紹介します。

まずデメリットですが、査定方法が訪問査定と机上査定の2タイプあり、どちらを利用すれば良いか迷うところだと思います。

 

訪問査定はその名の通り、家に業者が来て査定を出してくれるもので、一方の机上査定はネット上から大まかな土地の面積などを入力するだけで大まかな査定を出してもらえるものです。

 

この2種類で迷う以外はメリットでしかないと思います。

 

なお、査定方法で迷ったらとりあえず机上査定で良いと思います。大まかな査定額とは言え、だいたいの値段は分かりますし、どこよりも高く売ってくれる自信がある業者も見つかるので、売却依頼するのにふさわしい業者を1社に絞り込むことはできます。

 

後はいざ田舎の土地を売ると決めたら、もらっておいた査定で高値の1社か2社に訪問してもらい、正確な査定を出してもらえば実際の売値がハッキリと出ます。

田舎の土地を売るための注意点

田舎の土地を売るための注意点は、その土地にあなたが頻繁に通うことができるかどうか?によって大きく違ってきます。

 

もし近くにあるのなら、1ヶ月に1回は通って雑草の管理をしたり、ゴミを投棄されていないかチェックをすれば大丈夫です。

 

問題は、お住まいと田舎の売り土地が離れている場合で、滅多に現地まで行くことができない場合です。売り主さんが現地に簡単に行けない場合には売り土地が雑草だらけになることが多く、そんな見た目では売れる土地も売れなくなります。

 

そこで私は、売却依頼した不動産屋の営業マンに1ヶ月に1回は現地に行ってもらい、雑草の状況などを連絡してもらうようにしています。

 

もし雑草が生えていたら、現地のシルバー人材センターに依頼して除草をしてもらうようにしています。

雑草の除去は30坪〜50坪くらいならたいていは1万円も払えば十分に可能です。(シルバー人材センターによって人不足かどうかなどでも金額は異なってきます。)

 

また、除草の管理が面倒な場合には、ホームセンターで防草シートを購入して売り土地に敷き詰め、その上から砕石砂利(駐車場などに敷かれている直径3センチほどの白い砂利)を撒いておけば防草シートが風でめくれる心配もありません。

 

それになんと言っても、売り土地を見に来た人にも白い砂利の見た目で見栄えの良い印象を与えることができます。

 

砂利は1万円ほどで砕石屋に依頼すれば、トラックで運んできてくれ、山積み状態に落としてくれます。後は、自分で売り土地に広げるか、別料金を払って防草シートの上に広げてもらうなど交渉次第です。

 

売り土地の場合には見た目の清潔感はとても重要なので、空き缶やゴミが転がっていたり、雑草だらけになっている状態だけは避けるようにしてくださいね。